アプリケーションといえばC言語やJAVAを利用することが多いが、WEBのアプリではPHP言語を使うことが多い。

WEBの無料サービスアプリで仕事効率化

WEBのアプリ開発について

アプリケーションの開発といえば、C言語やJAVAがメインですが、WEBのアプリケーション開発においては、JAVAは利用されることがありますが、最近は、PHP言語を利用することが多いです。JavaScriptやVBScriptなども良く使われますが、Linux+MySQLもしくはPostgreSQL+PHPというのが、王道的でしょう。
少し前までは、Perlが多かったですが、最近ではPHPで記述することが多いです。WEBのアプリの開発では、サーバー側の処理とブラウザ側での処理に大きく分けられます。JavaScriptも兼用することが多く、ブラウザ側での処理については、JavaScriptを利用するのが、ほとんどで、VBscriptもたまに利用されているといった感じです。サーバー側の処理は、大規模な開発になれば、アプリケーションサーバーを導入して、それに沿った言語を利用することになりますが、簡単なWEBのアプリであれば、低コストで構築できるLinux+PHP+MySQLもしくはPostgreSQLという組み合わせが人気です。最近は、Rubyなどが簡単にWebアプリを構築できるようになっているので、注目されていますが、今のところ、まだPHPの方が主流であるようです。レンタルサーバーなどでも大抵の所はPHPをサポートしており、WEBのアプリを手軽に構築するのであれば、PHPを利用するのが一番であると言えます。
Copyright (C)2017WEBの無料サービスアプリで仕事効率化.All rights reserved.